3日目
最初の難関…スワップ金利


スワップ金利って何?

スワップ金利は、FX取引を始める時に一番意味がわからない言葉でしょう。しかし、スワップ金利がFX取引で儲ける大きな肝である事は間違いありません。
ここではスワップ金利について説明します。
ちなみにスワップ・ポイントやスワップ金利といくつか呼び名がありますが皆同じものです。

取引する2国間の金利差をスワップ金利といいます。

例:豪ドルを買う
この場合、日本円を売って豪ドルを買うことになります。
豪の金利は約5.5%−日本の金利は0.1%(平成17年9月)です。
その差は、5.4%となります。この差が、スワップ金利というものです。

豪ドルを買う場合、そのスワップ金利を受け取る事が出来ます。
豪ドルを売る場合、逆に支払う必要があります。

例えば、FXプライム社で外国為替証拠金取引(FX取引)のスワップ金利の場合こうなります。

豪ドル1万ドルの場合
豪ドル買いスワップ金利…1日165円受け取り
豪ドル売りスワップ金利…1日175円支払い
この165円や175円がスワップ金利の事です。
このお金の受け渡しが毎日発生します。まるで預金金利のような感覚になるかもしれません。

FXではこのスワップ金利と5日目でお話しするレバレッジが大変重要ですので、5日目の最後でレバレッジを含めてまとめます。


4日目へ
TOP

[Link] 女性 転職 ポッドキャスト インターネットラジオ ネットラジオ ルイ・ヴィトン「エピ」 国分寺市 建機 未使用車 新古車