5日目−2
第2の難関…レバレッジの2


さて、難解な言葉、レバレッジが出てきました。

「レバレッジとは、てこ(lever)の作用から転じて、投資において信用取引や金融派生商品などを用いることにより、手持ちの資金よりも多い金額を動かすこと。自己資本と比較して損も利益も巨額になります。」
…わからないですよね(汗)
要するに、
預けたお金でどれだけの金額のポジションを建てたのかという倍率です。

具体的に説明しましょう。
例:外国為替証拠金取引で預けるお金(証拠金と呼びます)が、100万円とします。
これで、米ドルを買うとしましょう。1米ドル=100円とします。そうするとこうなります。
1000米ドル買い…1000米ドル=10万円
 預けたお金は10万円→これはレバレッジ1倍

5000米ドル買い…5000米ドル=50万円
 預けたお金は10万円→これはレバレッジ5倍

1万米ドル買い…1万米ドル=100万円
 預けたお金は10万円→これはレバレッジ10倍

となります。

FXでは10万円を証拠金に1万ドル(1ドル=100円とすると100万円)の取引ができるのです。
仮に、1ドル=100円で1万ドル(100万円)買ったあとに、 1ドル=110円になったら、10万円の儲けです。
つまり、10万円の投資で 10万円の利益が出るのです。
株で投資金額の2倍になるものを探すのはとても大変ですよね。

次はスワップ金利とレバレッジのまとめです。


前へまとめへ
TOP

[Link] web小説 かんたん インターネットラジオ 労務管理 売上アップ ネットラジオ 株式投資 内職講座 ポッドキャスト 国分寺市 建機 未使用車 新古車